白血病 治療 副作用とは?

スポンサーリンク




白血病 治療 副作用とは?

抗がん剤の点滴投薬自体は苦痛ではありませんが、その後に訪れる「副作用」が、抗がん剤そのものを象徴する内容になると思います。

 

白血病は強力な抗がん剤を投与することで、正常な細胞も傷つけてしまうため、嘔吐・脱毛・発熱・貧血・免疫力の低下などの副作用が必ず現れます。

 

治癒を望むためには、副作用覚悟の強力治療やミニ骨髄移植が必要です。
強力な治療は副作用を伴うことより、治療効果の確率と今後の見通しを知っていただき、
本人の意向を尊重する治療方針をとるべきでしょう。

スポンサーリンク




放射線療法にも副作用や後遺症があります。副作用は治療中や治療直後に現れるものと、半年から数年たってから現れるものがあります。

 

現在では,新しい薬剤が次々と開発され,副作用を抑える薬剤も新しいものが開発されています。さらに投与法においても,より効果的で,副作用を抑える方法も考案されています。

 

腫瘍を死滅させることが悪性腫瘍の治療の目的ですので、治療がうまくいった時に起きる副作用ともいえます。
通常治療開始後12時間〜72時間以内に起きてきます。

 

有効率が非常に高く、慢性骨髄性白血病における5年生存率は90%以上に達します。

 

白血病は血液疾患により免疫力も低下し、更には腎臓などの内臓器官も低下するため副作用がより強く出るリスクがあるのです。

スポンサーリンク




 

白血病 治療 副作用とは?

抗がん剤の点滴投薬自体は苦痛ではありませんが、その後に訪れる「副作用」が、抗がん剤そのものを象徴する内容になると思います。白血病は強力な抗がん剤を投与することで...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク