急性骨髄性白血病 再発 末期?

スポンサーリンク




急性骨髄性白血病 再発 末期?

高齢者での頻度が特に高い急性骨髄性白血病を中心に解説します。併せて高齢者の白血病の特徴、治療の概略、問題点を述べ、高齢者の生活の質を保ちつつ、治療を行っていくにはどうしたらよいかについて考えます。

 

急性期とは、慢性骨髄性白血病が急激に末期状態へと変化していく病期のことをいいます。この急性転化は、多数の芽球が産出されるようになり、それ以外の骨髄細胞や成分が減少するために生じます。

 

急性リンパ性白血病にも病期という概念は適用されません。急性白血病ということ自体が、既に全身にがん細胞が広がっている末期状態だからです。

スポンサーリンク




急性白血病の検査では,まず血液検査により,白血病細胞の芽球を特定します。次に骨髄穿刺(せんし)検査を行います。胸の中央にある胸骨や骨盤を構成している腸骨に穿刺し,骨髄液を採取します。

 

疲労感や微熱、脾腫による腫腹部の膨満感などが表れる。末期には芽球が増加し、急性白血病へ変化してしまう(急性転化と呼ばれる)。40〜50代以降から発症率が上がります。

 

慢性骨髄性白血病は、2〜10年すると急性転化を起こします。
急性転化を起こすと、化学療法に反応しなくなり、約90%の人は3〜6ヶ月で死亡します。
これに対して慢性リンパ性白血病は、急性転化することはあまりありません。

スポンサーリンク




 

急性 白血病 生存率

急性 白血病 生存率について。成人での1年間の発症率は約10万人に1人なのです。急性リンパ性白血病にかかったケースの生存率は、65%〜85%と言われており、5年...

≫続きを読む

急性 白血病 原因

急性 白血病 原因 について。急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

高齢者でも強力な治療ができるようになりましたが、化学療法も含めて、副作用や治療死などのリスクがあり、適切に治療法を選択することが重要です。現在の強力化学療法によ...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

慢性白血病は対応が遅れてもすぐに命に係わるわけではありませんが、ステージが進むとほとんど助からなくなってしまいます。したがって、早期発見し、できるだけ早い対応を...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

心臓麻痺で死ぬ人も増える。心筋に放射能が溜まるらしい。ストロンチウムだったか。統計は出しません。急性骨髄性白血病は、通常は10万人当たり3〜4人の発症率だが、放...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 再発 末期?

高齢者での頻度が特に高い急性骨髄性白血病を中心に解説します。併せて高齢者の白血病の特徴、治療の概略、問題点を述べ、高齢者の生活の質を保ちつつ、治療を行っていくに...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

急性骨髄性白血病 再発 末期?関連ページ

急性 白血病 生存率
急性 白血病 生存率 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性 白血病 原因
急性 白血病 原因 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病の生存率は子供は?
急性骨髄性白血病の生存率は子供は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説