急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

スポンサーリンク




急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

心臓麻痺で死ぬ人も増える。心筋に放射能が溜まるらしい。ストロンチウムだったか。統計は出しません。

 

急性骨髄性白血病は、通常は10万人当たり3〜4人の発症率だが、放射能の影響でストロンチウムなどが骨に蓄積すると発症率が高まる、との指摘があります。

 

年間20ミリシーベルト以上の放射能に被曝する可能性があることでしたが、少なくともこれまでは、この量では白血病もがんも増加していないことが知られていますので、放射能漏れがこれ以上に拡大しないことを祈っています。

スポンサーリンク




リスク因子を持っていないことはあなたががんにかからないということを意味するものでもありません。リスクがあると考えられる場合には医師と相談してください。AMLには次のようなリスク因子があります。

 

放射能の被爆やある種の薬剤 そしてEBウイルスやc型RNAウイルスというウイルスによる感染、高圧線などの電磁波、殺虫剤などなどによるといわれます。

 

放射線の大量被曝は白血病の原因になると考えられています。
第二次世界大戦の際に広島で使用された、原子爆弾の被爆者の白血病発症率は急性白血病が46倍、
慢性白血病が186倍というデータが残っています。

 

急性白血病には骨髄性、リンパ性と分かれ、それぞれタイプがあり、治療方法も異なるようですが、その種別確定には病理検査にあと数日かかるようです。

スポンサーリンク




 

急性 白血病 生存率

急性 白血病 生存率について。成人での1年間の発症率は約10万人に1人なのです。急性リンパ性白血病にかかったケースの生存率は、65%〜85%と言われており、5年...

≫続きを読む

急性 白血病 原因

急性 白血病 原因 について。急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

高齢者でも強力な治療ができるようになりましたが、化学療法も含めて、副作用や治療死などのリスクがあり、適切に治療法を選択することが重要です。現在の強力化学療法によ...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

慢性白血病は対応が遅れてもすぐに命に係わるわけではありませんが、ステージが進むとほとんど助からなくなってしまいます。したがって、早期発見し、できるだけ早い対応を...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

心臓麻痺で死ぬ人も増える。心筋に放射能が溜まるらしい。ストロンチウムだったか。統計は出しません。急性骨髄性白血病は、通常は10万人当たり3〜4人の発症率だが、放...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 再発 末期?

高齢者での頻度が特に高い急性骨髄性白血病を中心に解説します。併せて高齢者の白血病の特徴、治療の概略、問題点を述べ、高齢者の生活の質を保ちつつ、治療を行っていくに...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?関連ページ

急性 白血病 生存率
急性 白血病 生存率 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性 白血病 原因
急性 白血病 原因 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病の生存率は子供は?
急性骨髄性白血病の生存率は子供は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 再発 末期?
急性骨髄性白血病 再発 末期? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説