急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

スポンサーリンク




急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

慢性白血病は対応が遅れてもすぐに命に係わるわけではありませんが、ステージが進むとほとんど助からなくなってしまいます。したがって、早期発見し、できるだけ早い対応をすることが重要です。

 

白血病で子供の初期症状はあまりないので分かりにくいのですが、子供が最近元気がなくて様子がおかしいと感じた場合は念のために大きな病気に行って検査することをおすすめします。

 

白血病にかかった場合の生存率は、65%〜85%と言われており、5年生存率は25%〜40%となりますが病気の進行や入院先の病院・設備・治療法によって異なり、急性骨髄性よりは確率が少し高いといえます。

スポンサーリンク




白血病は「血液のがん」とも呼ばれています。免疫に関わる白血球、酸素を運ぶ赤血球、血を止めるために必要な血小板など、血中に含まれる様々な細胞は「骨髄」で作られています。

 

原因は不明ですが、血液細胞の遺伝子に傷がつき、その結果、血液細胞が死なずに増殖し続ける白血病細胞になります。放射線、ベンゼン、抗がん剤などが原因のひとつと考えられています。

 

白血病はbcr-ablという唯一1個の遺伝子の異常から産生されるBCR-ABLという異常な蛋白質によっておこる病気です。遺伝子の異常によっておこる病気ですが、この異常は生まれてから後に生じるもので、子供や孫に遺伝をすることはありません。

スポンサーリンク




 

急性 白血病 生存率

急性 白血病 生存率について。成人での1年間の発症率は約10万人に1人なのです。急性リンパ性白血病にかかったケースの生存率は、65%〜85%と言われており、5年...

≫続きを読む

急性 白血病 原因

急性 白血病 原因 について。急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

高齢者でも強力な治療ができるようになりましたが、化学療法も含めて、副作用や治療死などのリスクがあり、適切に治療法を選択することが重要です。現在の強力化学療法によ...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

慢性白血病は対応が遅れてもすぐに命に係わるわけではありませんが、ステージが進むとほとんど助からなくなってしまいます。したがって、早期発見し、できるだけ早い対応を...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

心臓麻痺で死ぬ人も増える。心筋に放射能が溜まるらしい。ストロンチウムだったか。統計は出しません。急性骨髄性白血病は、通常は10万人当たり3〜4人の発症率だが、放...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 再発 末期?

高齢者での頻度が特に高い急性骨髄性白血病を中心に解説します。併せて高齢者の白血病の特徴、治療の概略、問題点を述べ、高齢者の生活の質を保ちつつ、治療を行っていくに...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

急性骨髄性白血病の生存率は子供は?関連ページ

急性 白血病 生存率
急性 白血病 生存率 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性 白血病 原因
急性 白血病 原因 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?
急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 再発 末期?
急性骨髄性白血病 再発 末期? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説