急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

スポンサーリンク




急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

高齢者でも強力な治療ができるようになりましたが、化学療法も含めて、副作用や治療死などのリスクがあり、適切に治療法を選択することが重要です。

 

現在の強力化学療法により70〜80%が完全寛解に到達しますが、年齢が若いほど寛解率は高くなり、
逆に高齢者では完全寛解率は低くなります。
これは、一般的に高齢者は強力な化学療法に耐えられないためです。

スポンサーリンク




高齢者の白血病をどうみていくかが、血液内科医、腫瘍内科医にとって大変重要な問題となってきています。がん治療の専門施設では、エビデンス(科学的な根拠)に基づいて治療の標準的プロトコールを決めて65歳以下の患者さんしか参加できないのが現状です。

 

高齢者の APL に対しては,化学療法の用量を落とすにしても,ATRA の使用によって積極的に治癒をめざす治療ができます。 高齢者の方でもチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)を組み合わせることにより,Ph+ALL や CML に対してこれまで以上に積極的な治療ができます。

 

10年全生存率(OS)は60歳未満87%、60歳以上65%となり、高齢者で有意に低かった(p<0.001)。無病生存率(DFS)は67%と65%で、両群で同様でした。

 

急性骨髄性白血病の初期症状は、急性リンパ球性白血病の症状と非常によく似ています(白血病: 急性リンパ球性白血病(ALL)を参照)。急性リンパ球性白血病の場合より頻度は低いものの、急性骨髄性白血病の細胞が脳と脊髄を覆っている髄膜に炎症(髄膜炎)を起こすことがあります。

スポンサーリンク




 

急性 白血病 生存率

急性 白血病 生存率について。成人での1年間の発症率は約10万人に1人なのです。急性リンパ性白血病にかかったケースの生存率は、65%〜85%と言われており、5年...

≫続きを読む

急性 白血病 原因

急性 白血病 原因 について。急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?

高齢者でも強力な治療ができるようになりましたが、化学療法も含めて、副作用や治療死などのリスクがあり、適切に治療法を選択することが重要です。現在の強力化学療法によ...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病の生存率は子供は?

慢性白血病は対応が遅れてもすぐに命に係わるわけではありませんが、ステージが進むとほとんど助からなくなってしまいます。したがって、早期発見し、できるだけ早い対応を...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?

心臓麻痺で死ぬ人も増える。心筋に放射能が溜まるらしい。ストロンチウムだったか。統計は出しません。急性骨髄性白血病は、通常は10万人当たり3〜4人の発症率だが、放...

≫続きを読む

急性骨髄性白血病 再発 末期?

高齢者での頻度が特に高い急性骨髄性白血病を中心に解説します。併せて高齢者の白血病の特徴、治療の概略、問題点を述べ、高齢者の生活の質を保ちつつ、治療を行っていくに...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

急性骨髄性白血病 生存率は高齢者はどう?関連ページ

急性 白血病 生存率
急性 白血病 生存率 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性 白血病 原因
急性 白血病 原因 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病の生存率は子供は?
急性骨髄性白血病の生存率は子供は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は?
急性骨髄性白血病 原因 放射能の影響は? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
急性骨髄性白血病 再発 末期?
急性骨髄性白血病 再発 末期? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説