赤血球が少ない 病気とは?

スポンサーリンク




赤血球がとても多い人に発症する疾患の代表として実際に「多血症」と呼ばれる病気もあります。

 

- 体調による一時的な異常値(要再検査)
- 鉄欠乏性貧血(鉄分不足の貧血)
- 再生不良性貧血
- 溶血性貧血
- 悪性貧血
- 出血原因貧血(ケガや生理による貧血)
- ビタミンB12欠乏症
- 痔
- 子宮筋腫
- 妊娠中

スポンサーリンク




症状の一つが現れただけでは、血液の病気かどうかは明確にできませんが、複数の症状が同時に現れた場合は、血液の病気の可能性が高くなります。

 

赤血球を作るためには、鉄分以外にも葉酸やビタミンB12などが必要であり、これらが不足することによって、赤血球がつくられなくなり貧血となります。

 

好酸球の増加は、アレルギー疾患、寄生虫症、白血病、膠原病などでみられます。
白血球やその分画の測定は、これらの病気の発見の糸口となるものです。

 

一口に貧血といっても、多種多様です。貧血をひとつの病気としてとらえるのではなく、さまざまな基礎疾患が原因となって起こるひとつの兆候としてとらえる必要があります。

 

骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて起こる病気です。造血幹細胞とは骨髄中にあって、赤血球、好中球、血小板の基になる未熟な細胞です。
貧血では深刻な病気が隠れていることもあるため注意が必要です。反対に増えすぎると多血症となり、血液の流れが悪くなり、血管がつまる原因にもなります。

スポンサーリンク




 

赤血球が少ない 病気とは?

赤血球がとても多い人に発症する疾患の代表として実際に「多血症」と呼ばれる病気もあります。- 体調による一時的な異常値(要再検査)- 鉄欠乏性貧血(鉄分不足の貧血...

≫続きを読む

健康診断で赤血球が少ないと出た

健康診断で赤血球数を計る場合、ヘモグロビンなどと同様に血液検査で測定します。赤血球数の基準値は男性が「400万〜539万/μL」、女性が「360万〜489万/μ...

≫続きを読む

赤血球 少ない 食べ物とは?

赤血球を作るのに必要な鉄は 一日に20〜30mg で 一日に食べ物から吸収される量の20〜30倍にもなりますが それにもかかわらず なぜ貧血にならないかというと...

≫続きを読む

赤血球 少ない 治療法とは?

貧血の中でもっとも多く見られるのが鉄欠乏性貧血で、貧血全体の60%〜80%を占めています。鉄欠乏性貧血は食事とのかかわりも大きく、食事療法が有効な治療手段となっ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

赤血球が少ない 病気とは?関連ページ

健康診断で赤血球が少ないと出た
健康診断で赤血球が少ないと出た を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球 少ない 食べ物とは?
赤血球 少ない 食べ物とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球 少ない 治療法とは?
赤血球 少ない 治療法とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説