尿検査で赤血球が多いと検出された場合

スポンサーリンク




尿検査で赤血球が多いと検出された場合

血液や尿の成分の値は、体の状態により、 高くなったり、低くなったり変動します。 血液・尿検査とは、まず血液や尿を採取し その採取した血液や尿から病状などを調べる 臨床検査の一つです。
尿沈渣(にょうちんさ)とは、尿を遠心分離器にかけたときに沈殿してくる赤血球や白血球、細胞、結晶成分などの固形成分のことをいいます。

 

赤い尿が出る。真赤からピンク色、茶褐色、出血が多いと血液の固まりが混じることもあります。赤血球がわずかだと目で見てもわかりません。健診や内科での尿検査で指摘されます。

スポンサーリンク




尿検査で初めてわかる血尿を顕微鏡的血尿といい、肉眼で判断できる血尿を肉眼的血尿といいます。

 

検査としては【尿潜血】と同様に尿検査、超音波で異常所見が確認されると、さらにレントゲン検査、造影検査、CT、MRIなど多くの検査が必要となります。

 

尿蛋白の検査は、腎臓病などの病気の発見のきっかけをつくるものです。また、正常の人でも(+)となることもあります。必ず再検するなり、詳しくその原因を調べてもらってください。

 

診察前に、尿沈渣を含む尿検査を行う。膀胱炎などの炎症疾患や腫瘍などの可能性を観察すると同時に、排尿障害が機能的な異常で発症していることを確認するための、除外検査としての意義も持ちましょう。

 

随時尿では活動度により尿蛋白排泄量にばらつきが生じるため、蓄尿検査の方がより正確で望ましいです。

スポンサーリンク




 

赤血球が多いとどうなる?

立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります...

≫続きを読む

健康診断で赤血球が多いと?

赤血球は血球の中で最も数の多い細胞で、細胞に酸素を運ぶ大切な役割を担っています。赤血球は自在に変形する事で、自分よりも細い毛細血管の中をすり抜け全身に向かう事が...

≫続きを読む

赤血球が多い理由とは?

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。エリスロポエチン産生腫瘍、酸素不足などにより、エリスロポエチン増加の為、赤血球のみ増加...

≫続きを読む

赤血球が多い 原因とは?

日本人に最も多いのが、体を少し動かしただけで動悸がする「鉄欠乏性貧血」で、赤血球の材料である鉄分の不足が原因です。ストレス性赤血球増加症というものもあり,脱水な...

≫続きを読む

赤血球が多いのに貧血なのは?

悪性貧血とも言われる。LDH上昇、ビタミンB12欠乏。骨髄巨赤芽球など出現。シリング試験といわれるビタミンB12注射で改善が見られることもあります。ふつうにみら...

≫続きを読む

尿検査で赤血球が多いと検出された場合

血液や尿の成分の値は、体の状態により、 高くなったり、低くなったり変動します。 血液・尿検査とは、まず血液や尿を採取し その採取した血液や尿から病状などを調べる...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

尿検査で赤血球が多いと検出された場合関連ページ

赤血球が多いとどうなる?
赤血球が多いとどうなる? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
健康診断で赤血球が多いと?
健康診断で赤血球が多いと? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多い理由とは?
赤血球が多い理由とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多い 原因とは?
赤血球が多い 原因とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多いのに貧血なのは?
赤血球が多いのに貧血なのは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説