赤血球が多い理由とは?

スポンサーリンク




赤血球が多い理由とは?

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。
エリスロポエチン産生腫瘍、酸素不足などにより、エリスロポエチン増加の為、赤血球のみ増加し、白血球増加、血小板増加および脾腫は伴わない。

 

赤血球というのは、酸素を必要とする組織に酸素を運搬するのが主な任務です。赤血球が多すぎる病気を多血症といいますが、そのほとんどは反応性のものです。

 

 

赤血球は、細胞の中に「ヘモグロビン」というタンパク質を持っています。これは「ヘム」という鉄を含んだ色素と、「グロビン」というタンパク質からできおり、赤血球の重量の3分の1を占めています。

スポンサーリンク




赤血球増加症があると、血液の粘稠度や凝固性が高まり、毛細血管における血流を障害し、冠動脈血栓や脳血栓の原因となります。

 

鎌状赤血球を発症している人はマラリアに耐性があるということになります。マラリアは死亡率が高い病気です。正常な赤血球を持った人はマラリアで死亡し、鎌状赤血球を持た人はマラリアを発症しにくく生き残ります。

 

赤血球数がふえていくだけでなく、白血球や血小板も増えていきます。高血圧、出血などの症状がでてきて、それに肝・脾腫による腹部の膨満感がでてきたりします。

 

赤血球の増加に伴い血液の粘稠度が増すために、中枢神経系の循環障害による症状(頭痛・めまい・顔のほてり・のぼせ感・耳鳴りなど)が見られます。

スポンサーリンク




 

赤血球が多いとどうなる?

立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります...

≫続きを読む

健康診断で赤血球が多いと?

赤血球は血球の中で最も数の多い細胞で、細胞に酸素を運ぶ大切な役割を担っています。赤血球は自在に変形する事で、自分よりも細い毛細血管の中をすり抜け全身に向かう事が...

≫続きを読む

赤血球が多い理由とは?

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。エリスロポエチン産生腫瘍、酸素不足などにより、エリスロポエチン増加の為、赤血球のみ増加...

≫続きを読む

赤血球が多い 原因とは?

日本人に最も多いのが、体を少し動かしただけで動悸がする「鉄欠乏性貧血」で、赤血球の材料である鉄分の不足が原因です。ストレス性赤血球増加症というものもあり,脱水な...

≫続きを読む

赤血球が多いのに貧血なのは?

悪性貧血とも言われる。LDH上昇、ビタミンB12欠乏。骨髄巨赤芽球など出現。シリング試験といわれるビタミンB12注射で改善が見られることもあります。ふつうにみら...

≫続きを読む

尿検査で赤血球が多いと検出された場合

血液や尿の成分の値は、体の状態により、 高くなったり、低くなったり変動します。 血液・尿検査とは、まず血液や尿を採取し その採取した血液や尿から病状などを調べる...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

赤血球が多い理由とは?関連ページ

赤血球が多いとどうなる?
赤血球が多いとどうなる? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
健康診断で赤血球が多いと?
健康診断で赤血球が多いと? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多い 原因とは?
赤血球が多い 原因とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多いのに貧血なのは?
赤血球が多いのに貧血なのは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
尿検査で赤血球が多いと検出された場合
尿検査で赤血球が多いと検出された場合 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説