赤血球が多いとどうなる?

スポンサーリンク




赤血球が多いとどうなる?

立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります。

 

赤血球数が多い場合は血液がドロドロの状態になっていることを意味しており、血液の流れが滞って血管が詰まりやすい状態になります。逆に赤血球数が少ない場合は酸素運搬の能力が低下し、鉄欠乏性貧血の症状が見られるようになります。

 

赤血球数は、一般的に男性の方が女性よりも多い傾向にあり、特に女性の場合では、月経の影響により少ない傾向があります。

スポンサーリンク




赤血球があまり多くなりすぎると、血液の粘性(粘り気)が高くなり、細い血管が詰まってしまう可能性があります。これにより、心臓や脳の血管が詰まると、突然死の危険性もあります。

 

ヘモグロビンを増やすためには有酸素運動などが良いとされていますが、ヘモグロビン(赤血球)が多くなってしまうと、脳卒中、心筋梗塞を引き起こすリスクに変わってしまうので要注意です。

 

若い人では赤血球が多いことはさほど異常なことではありません。
酸素の薄い高地に住んでいる民族はもともと赤血球が多くて血が濃いようです。
ストレスやタバコの吸い過ぎで赤血球が増えることがあります。

 

赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値は、貧血の種類によって単独に変動することがあります。

スポンサーリンク




 

赤血球が多いとどうなる?

立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります...

≫続きを読む

健康診断で赤血球が多いと?

赤血球は血球の中で最も数の多い細胞で、細胞に酸素を運ぶ大切な役割を担っています。赤血球は自在に変形する事で、自分よりも細い毛細血管の中をすり抜け全身に向かう事が...

≫続きを読む

赤血球が多い理由とは?

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。エリスロポエチン産生腫瘍、酸素不足などにより、エリスロポエチン増加の為、赤血球のみ増加...

≫続きを読む

赤血球が多い 原因とは?

日本人に最も多いのが、体を少し動かしただけで動悸がする「鉄欠乏性貧血」で、赤血球の材料である鉄分の不足が原因です。ストレス性赤血球増加症というものもあり,脱水な...

≫続きを読む

赤血球が多いのに貧血なのは?

悪性貧血とも言われる。LDH上昇、ビタミンB12欠乏。骨髄巨赤芽球など出現。シリング試験といわれるビタミンB12注射で改善が見られることもあります。ふつうにみら...

≫続きを読む

尿検査で赤血球が多いと検出された場合

血液や尿の成分の値は、体の状態により、 高くなったり、低くなったり変動します。 血液・尿検査とは、まず血液や尿を採取し その採取した血液や尿から病状などを調べる...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク

赤血球が多いとどうなる?関連ページ

健康診断で赤血球が多いと?
健康診断で赤血球が多いと? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多い理由とは?
赤血球が多い理由とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多い 原因とは?
赤血球が多い 原因とは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
赤血球が多いのに貧血なのは?
赤血球が多いのに貧血なのは? を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説
尿検査で赤血球が多いと検出された場合
尿検査で赤血球が多いと検出された場合 を簡単に分かりやすく解説しています。子供でもわかるように解説