赤血球が多い

スポンサーリンク




スポンサーリンク




赤血球が多い記事一覧

赤血球が多いとどうなる?

立ちくらみなどの症状は、両方に共通するため勘違いされることが多いですが、低血圧は心臓から送りだされる血液の圧力が低い状態で、血液検査上は異常がないこともあります。赤血球数が多い場合は血液がドロドロの状態になっていることを意味しており、血液の流れが滞って血管が詰まりやすい状態になります。逆に赤血球数が...

≫続きを読む

健康診断で赤血球が多いと?

赤血球は血球の中で最も数の多い細胞で、細胞に酸素を運ぶ大切な役割を担っています。赤血球は自在に変形する事で、自分よりも細い毛細血管の中をすり抜け全身に向かう事ができます。健康診断の結果の評価は各医療機関で多少異なります。結果表に説明が付いているので良くお読みになってください。基準値をほんの少しだけオ...

≫続きを読む

赤血球が多い理由とは?

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。エリスロポエチン産生腫瘍、酸素不足などにより、エリスロポエチン増加の為、赤血球のみ増加し、白血球増加、血小板増加および脾腫は伴わない。赤血球というのは、酸素を必要とする組織に酸素を運搬するのが主な任務です。赤血球が多すぎる病気...

≫続きを読む

赤血球が多い 原因とは?

日本人に最も多いのが、体を少し動かしただけで動悸がする「鉄欠乏性貧血」で、赤血球の材料である鉄分の不足が原因です。ストレス性赤血球増加症というものもあり,脱水などの明らかな原因がないにも関わらず,赤血球が増加しているものもあります.要因には喫煙やアルコールの摂取があるようです.また高血圧、高脂血症、...

≫続きを読む

赤血球が多いのに貧血なのは?

悪性貧血とも言われる。LDH上昇、ビタミンB12欠乏。骨髄巨赤芽球など出現。シリング試験といわれるビタミンB12注射で改善が見られることもあります。ふつうにみられる赤血球の異常は貧血です。一口に貧血といってもいろいろな種類があります。貧血は血色素量の減少として現れ、赤血球数が必ずしも減少するとは限り...

≫続きを読む

尿検査で赤血球が多いと検出された場合

血液や尿の成分の値は、体の状態により、 高くなったり、低くなったり変動します。 血液・尿検査とは、まず血液や尿を採取し その採取した血液や尿から病状などを調べる 臨床検査の一つです。尿沈渣(にょうちんさ)とは、尿を遠心分離器にかけたときに沈殿してくる赤血球や白血球、細胞、結晶成分などの固形成分のこと...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク