白血病 初期症状

スポンサーリンク




白血病 初期症状

白血病 初期症状 について。

 

 

 

 

白血病とは、生血を作っている骨髄(こつずい)で、異常な白血球(がん化した白血球)が無窮に増えて血液中に放出され、
正常な血液セルが損減して、血の能力に妨害が起きるもの病みです。

スポンサーリンク




 

 

つまり、「血液の癌腫」です。 多数の人は白血病は「不治の病魔」とおっしゃる印象があるでしょう。
しかし、現行では癌の中でも良くなる確率の高い疾病になりました。

 

 

 

貧血による倦怠感、息切れ、動悸、ワーク時外呼吸困難などが起きます。

 

 

また、白血球減損(顆粒球損減)による感染症のために、熱発がしばしば起きます。
感染源の不定な数日続いて起こる高熱があるときは、血液のチェックをとり行うべきです。

 

 

 

血小板減少のため、点状出血、紫斑(しはん)が起きます。
とくに前骨髄球性白血病(M3)では播種(はしゅ)性血管内凝固シンドローム(DIC)が起きやすく、重篤(じゅうとく)な出血症候を表わす事があります。

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

白血病には多種多様なジャンルがありますが、「骨髄性白血病(こつずいせい はっけつびょう)」と
「リンパ性白血病」に大きく分けられます。

 

 

 

そして、それぞれに「急性的」と「慢性」がいるので、「急性骨髄性白血病」、「急性リンパ性白血病」、
「慢性骨髄性白血病」、「慢性リンパ性白血病」の4銘柄となります。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク